昨日は松江市でフットサルの練習を見ました。

パーソナルで見ている選手が練習しているのでどんな動きをするのかな?と。

ゆる体操を教えて2ヶ月たってないくらいですがコーチも言うくらい柔らかくなってました。

動きからボールタッチから以前より柔らかくなってます。

体育館の中で一人違うなとわかるくらいです。

サッカーの試合でも相手と近くてごちゃごちゃとなっていて取られたと思った場面でも取られなかったり、そこ通すかというパス、相手がいても次の足がすぐに出るので取られなかったりと。

ぼくが思っていたよりも早く誰が見てもわかるくらいに効果が出てきました。

外から見てもわからない、他の人はわからないが、ぼくや本人は変化を感じているというのは初期ではよくある話です。(笑)

その選手もだからと言って断トツに上手いとか全然違うという程抜けている存在ではまだないでしょう。

しかし、見ている方も本人も楽しいでしょうし、これからの可能性という事では固くなっている選手に比べたら大きいのでは無いかなと思います。(固い選手は可能性が全くないかというわけではないです。)

残された可能性が大きいというのは魅力的ですね。

でもまだ何もやったわけではないですし、これからでしょうし、目に見えるところではほんの少しの違いかもしれませんが【少し】の違いが目には見えないところでは大きな違いになっているのだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA